/* Google Analytics */
2018

論文

井戸美里(2018.7)「「は」の後接から見るとりたて詞の否定呼応現象」『国立国語研究所論集』15: 43-54.
野田尚史(2018.9)「学習者は現実の日本語をどのように聞きとっているか?―背景知識の不足による聴解の難しさを中心に―」『BATJ Journal』19: 47-55.
野田尚史(2018.9)「日本語教育はどのように新しい日本語文法研究を創出するか―「聞く」「話す」「読む」「書く」ための文法の開拓―」『日本語文法』18-2: 45-61.

ブックチャプター

Hisashi Noda(2019.3)El tema en las oraciones del español y el japonés (The theme in sentences of Spanish and Japanese) In: Toshihiro Takagaki (ed.) Estudios de lingüística contrastiva español-japonés (Studies in contrastive linguistics of Spanish and Japanese), 131-150. Universidad Autónoma de Madrid (Autonomous University of Madrid).
野田尚史(2018.11)「聴解・読解における日本語のバリエーションの難しさ」大島弘子(編)『フランス語を母語とする日本語学習者の誤用から考える』1-19. ひつじ書房.(ISBN: 9784894769250)

研究発表

野田尚史(2018.6)「従属節研究の課題」関西言語学会第43回大会.甲南大学.
Yayoi NAKAMURA-DELLOYE(2018.06)”Les différents moyens syntaxiques pour une mise en relief paradigmatique — Étude contrastive français-japonais (Constructions for pardigmatic focalisation -French-Japanese constrastive analysis).” XXXIe Journées de Linguistique Asie orientale (31st Paris Meeting on East Asian Linguistics), Institut national des langues et civilisations orientales, France.
Misato Ido(2018.11)”The meanings of dake and shika based on their maximality and polarity.” Japanese/Korean Linguistics conference 26, University of California, USA.
野田尚史(2019.2)「日本語の主題・焦点と言語類型論」 Prosody & Grammar Festa 3. 国立国語研究所.
井戸美里(2019.2)「日本語のとりたて表現と否定呼応」 Prosody & Grammar Festa 3. 国立国語研究所.
筒井友弥(2019.2)「ドイツ語のとりたて表現」 Prosody & Grammar Festa 3. 国立国語研究所.

一般向けの講演・セミナー

野田尚史(2018.8)「さまざまな日本語を分析する」日本語教師夏期集中セミナー. 長沼スクール 東京日本語学校.
野田尚史(2019.1)「グローバル人材の日本語能力」 Work in Kyushu シンポジウム「グローバル人材の採用・就職に求められる日本語のちから」. こくさいひろば.

講習・チュートリアル

野田尚史(2018.6)「日本語の文法」第28回NINJALチュートリアル. 中央大学校(ソウル), 韓国.
野田尚史(2018.12)「文の基本的な構造」国立国語研究所 日本語学講習会. Maharatta Chamber of Commerce, Industries, & Agriculture(プネー), インド.
野田尚史(2018.12)「主題・とりたて」国立国語研究所 日本語学講習会. Maharatta Chamber of Commerce, Industries, & Agriculture(プネー), インド.
Yayoi NAKAMURA-DELLOYE(2019.3)”Structures d’apposition en japonais (Apposition structures in Japanese.)” Séminaire de l’équipe (Syntaxe et sémantique formelles des langues contemporaines d’Asie orientale : chinois, coréen, japonais et vietnamien) (Team seminar (Formal Syntax and Semantics of Contemporary East Asian Languages: Chinese, Korean, Japanese and Vietnamese)). The Centre for Linguistic Research on East Asian Languages (CRLAO), France.

研究発表会等の企画・運営

NINJALシンポジウム「日本語文法研究のフロンティア―文法史研究・通時的対照研究を中心に―」. 国立国語研究所, 2019.1.13(企画・運営・司会・共同企画)
2017

論文

中西 久実子(2018.1)「なぜ「数量語+だけだ」は不自然になりやすいのか」『国立国語研究所論集』 14: 193-207.(ISSN:2186-1358)
大澤 舞(2018.2)「justの対人関係調整機能」『日本英語学会第35回大会研究発表論文集(JELS 35)』 35: 124-130.

図書・ブックチャプター

野田尚史(2017.12)「「基本文型」の再構築」庵功雄, 石黒圭, 丸山岳彦(編)『時間の流れと文章の組み立て―林言語学の再解釈―』49-69. ひつじ書房(ISBN: 4894768739)
NAKAMURA-DELLOYE Yayoi(2017.6)”Phénomènes d’ellipse en japonais — Vue d’ensemble et analyses structurelles,Ellipsis in Japanese – Overview and structural analysis.” 30èmes Journées de linguistique d’Asie Orientale, the 30th Paris meeting on East Asian languages. Institut national des langues et civilisations orientales (INALCO).

学術発表

大澤 舞(2017.11)「justの対人関係調整機能」日本英語学会第35回大会. 東北大学, 2017年11月.
野田尚史(2018.1)「非母語話者が日本語を「聞く」「読む」ための文法」国立国語研究所シンポジウム「日本語文法研究のフロンティア―談話研究・対照研究・習得研究を中心に―」. 国立国語研究所, 2018年1月.野田 尚史2018.2)「日本語のとりたて表現と言語類型論」Prosody and Grammar Festa 2. 国立国語研究所, 2018年2月.
デロワ 中村 弥生(2018.2)「フランス語のとりたて表現」Prosody and Grammar Festa 2. 国立国語研究所, 2018年2月.
2016

論文

野田 尚史(2016.10)「話しことばの動的な文法―日本語学習者が日本語を聞いたり話したりするために―」『日中言語研究と日本語教育』編集委員会(編)『日中言語研究と日本語教育』 9: 1-12. 好文出版.(ISSN: 18832687)
鄭 相哲(2016.12)「[-n kesita]のテキスト機能と意味」『テキスト言語学』 41: 245-267.(ISSN: 10897878)
鄭 相哲(2017.2)「反語文の情報構造について」『日本語文学』 76: 121-142.(ISSN: 12269301)
狩俣 繁久(2017.3)「琉球語那覇方言のduのとりたて性-琉球諸語に係り結びはあるか-」『琉球アジア文化論集』3: 25-41.(ISSN: 21888043)
米田 信子(2017.3)「ヘレロ語とスワヒリ語の限定を表すとりたて小辞に関する試論」『スワヒリ&アフリカ研究』28: 72-90.(ISSN: 09158758)

図書・ブックチャプター

野田 尚史(2016.5)「非母語話者の日本語理解のための文法」庵 功雄, 佐藤 琢三, 中俣 尚己(編)『日本語文法研究のフロンティア』 307-326. くろしお出版.(ISBN: 9784874247006)

口頭発表

Yayoi Nakamura-Delloye(2016.7)La notion de toritate relève-t-elle vraiment des spécificités en japonais ? — Réflexion à partir d’études contrastives français-japonais —. Les 29ème journées de Linguistique d’Asie Orientale(Centre de recherches linguistiques sur l’Asie orientale-CNRS), EHESS, France, July 2016.
大澤 舞(2016.9)「日英語の「とりたて表現」について」筑波英語学若手研究会. 奈良女子大学, 2016年9月.
野田 尚史(2016.9)「限定を表すとりたて表現はどんなときに使われるか?―日本語とスペイン語の対照研究―」2016年日本語教育国際研究大会(Bali-ICJLE(2016)), Bali Nusa Dua Convention Center, Indonesia, September 2016.

研究発表会

シンポジウム「日本語文法研究のフロンティア―形態論・意味論・統語論を中心に―」キャンパスプラザ京都. 2017.3.11.
2015