開催期日

2021年4月23日(金)〜2021年7月2日(金)

毎週金曜日 15:00〜16:00(6月11日および18日のみ16:30〜17:30)

全11回

 

開催会場

オンライン(Web会議システムZoomを使用します)
※参加費無料


事前登録フォーム:https://forms.gle/aNZz5HTzUtxK3QDs9
※初めて参加される際に一度登録していただければ、再登録は必要ありません。一度の登録で最終回までご参加いただけます。確実にURLを受け取るには、初めて参加する回の前日までにご登録ください。

プログラム

※要旨は順次公開予定です。

第1回:4月23日(金)15:00~16:00    

小川 晋史(熊本県立大学)     

動詞に助詞・助動詞がついたときのアクセント再考ー背景にある原理を考える

要旨:日本語(共通語・東京方言)において語(語根)になんらかの要素が接続・複合する場合のアクセント規則もしくはアクセントの出現パターンには背景原理があるのでないかということを論じる。その背景原理は接辞(affix)・接語(clitics)・語(word)の区別とそれらの組み合わせ(i.e. 語+語 , 語+接語, 語+接辞)をもとに、「形態音韻的な自立性がより高い要素のアクセントを生かす」というものである。
 まずは、動詞に助詞・助動詞が付く場合のアクセントを出発点とし、これを接辞・接語の観点から見直す。最終的には複合動詞のアクセントや、名詞+名詞のいわゆる複合語アクセント規則(およびその例外とされるもの)などもこの原理の範囲に含まれることを論じる。

 

第2回:4月30日(金)15:00〜16:00

守本 真帆(国立国語研究所)

日本語の会話における超分節的特徴:アイデンティティー構築のための資源の検討

 

第3回:5月7日(金)15:00〜16:00

平田 秀(武蔵野大学) 

三重県木本方言のアクセントにおける式について(仮)

 

第4回:5月14日(金)15:00〜16:00    

髙橋 康徳(神戸大学)  

上海語窄用式変調の研究小史と新たな問題点(仮)

 

第5回:5月21日(金)15:00〜16:00    

高山 知明(金沢大学)  

三重県志摩方言に見る前鼻子音の変化と問題点

 

第6回:5月28日(金)15:00〜16:00    

松森 晶子(日本女子大学)     

琉球語の通時的音韻論―首里方言の音節構造の変化と祖語の母音音価推定について―

 

第7回:6月4日(金)15:00〜16:00     

三村 竜之(室蘭工業大学)     

デンマーク語stoed研究の諸問題: 共時論と通時論の両面から最善の音韻解釈を探る

 

第8回:6月11日(金)16:30〜17:30(時間に変更がありました)    

文 昶允(筑波大学),黄 竹佑(名古屋学院大学),橋本 大樹(上越教育大学)     

方言と音楽 ー音楽的知覚に対する音調パターンの影響ー

 

第9回:6月18日(金)16:30〜17:30    

黄 竹佑(名古屋学院大学),陳 姿因,広瀬 友紀,伊藤 たかね(東京大学)

「間違っている声調」の脳内処理―台湾語変調ERP実験の結果分析

 

第10回:6月25日(金)15:00〜16:00    

熊谷 学而(関西大学)  

「ハリー・ポッター」シリーズにおける呪文名の音象徴:音節・有声阻害音・母音

 

第11回:7月2日(金)15:00〜16:00      姜 英淑(島根県立大学)      

韓国語密陽(ミリャン)方言における語形成とアクセント(仮)

 

 

対照言語学プロジェクト プロソディー研究班オンライン研究会(2021年度前期)